渋沢栄一氏は、90年前の11月11日にこの世を去りました。

大河ドラマ「晴天を衝け」や新しい一万円札に描かれることから
氏の名前や偉大な功績を知っている人も多くなりました。

どのような信念・信条を掲げて、
キリンビール・帝国ホテル・富岡製糸場をはじめとする500の大企業を創出できたのか。

その成果を支えた経営哲学とは一体なんだったのか。
それはこの学問

富をなす根源は仁義道徳

「論語と算盤」の中でも

商業の徳義はどうしても立て通すようにして、最も重要なるは『信』である。

と説く通り、

経営者、ビジネスマンに求められているのは、
市場における

「信用・信頼

を確立することです。

市場の信用を築くには、大変なエネルギーと時間がかかり
不祥事、最近ではSNSでの軽率な言動などで信用を失うのは一瞬、
取り戻すには一生かかるものです。

もし、偽装や犯罪に手を染めるようなことがあれば、
100年続く老舗でも露のごとしで
禊をして1から出直すしか、信頼回復の道はありません。

「急がば回れ」といいますが、
まさに「急がば信用」。

信用を第一に経営をすることが、
結局は一番の近道であることを繰り返し主張しています。

なぜ世界のトップリーダー達がこの日本で学んでいるのか

信頼を獲得することの本質に気づいた渋沢栄一が実践した大実業家の哲学は、
時代を超え、国を超え、多くの経営者を成功に導いてきました。

それは、Apple創業者 スティーブ・ジョブズ、
オラクル創業者 ラリー・エリソンなどなど・・・

世界のトップリーダーまでもがその経営学を
密かに学び、人生を激変させたそうです。

それはこの学問

渋沢栄一氏の偉大な成果の秘密だけでなく
どのようにしたら市場の信頼、信用を獲得できるのか。

なぜ、世界のトップリーダー達がこの日本で学んでいるのか。

無料放映されているうちに、ぜひご覧ください。
きっと多くの気づきがあるはずです。

それはこの学問